全冠協 一般社団法人全日本冠婚葬祭互助支援協会 きよらか
葬儀会館を探す 結婚式場を探す 互助会に入会する 全冠協のご案内 お問い合せ 会員専用 正会員 賛助

HOME > 婚礼 > 結婚の知識/結婚基本マニュアル > ~結婚前の常識と心掛け~


婚礼 結婚式場を探す(地図)

結婚式場を探す(式場タイプ)

結婚式の知識/結婚基本マニュアル

結婚式の知識/ウェディングドレスの選び方

結婚の知識/結婚基本マニュアル

~ 結婚前の常識と心掛け ~

1

結婚を知ってもらうには

「結納」以外にも方法はさまざま。お二人にふさわしい婚約披露を

周囲に将来の結婚を発表する「婚約」には法的な手続きもなく、その形態も二人の意思に応じてさまざま。婚約披露でもっとも一般的なのは「結納」ですが、キリスト教会では婚約式も行っており、信者でなくても式を挙げさせてくれる教会もあります。興味のある人は問い合わせてみては? もっとカジュアルにしたいなら、友人や知人を招待して婚約パーティを開くのもおすすめ。
その他、家族を交えた会食の席を設けたり、結納品の代わりに記念品を交換したり、婚約通知状を送るなどの婚約披露も。お二人の家庭環境に合わせた方法を選びましょう。
最近は正式な結納を行う人は減りましたが、古いしきたりを大切にしている地域もあります。中には、ふたりだけの判断で結納を省略したために両親との仲がこじれてしまった…という苦い経験を持つカップルも。やはり、家族に相談してから決めるのが得策です。
ページのトップへ戻る
2

婚約記念品(指輪)について

女性への婚約記念品はダイヤモンドの指輪が一番人気

ふたりの婚約が成立した証として贈る婚約記念品。 結納を交わした上で記念品を贈る場合もあれば、記念品の交換を婚約披露の替わりにするケースもあります。本来はお互いに記念品を交換するものですが、女性から男性への記念品は省略するカップルも。
男性から女性への記念品はほとんどが指輪で、ダイヤモンドが圧倒的な人気。女性から男性へは、スーツなどの洋服、時計、タイピン、財布、バッグなど実用的なものを贈る人が多いようです。その金額の平均は、男性が50万円、女性が10万円とかなり差がありますが、これからの生活のことも考えて、無理のない予算内で贈りたいものですね。
婚約指輪というと立て爪のダイヤが人気ですが、フォーマルな印象の立て爪ダイヤは使う機会が少ないもの。せっかくの婚約指輪だから普段も使いたいという人は、カジュアルなデザインのものや誕生石などダイヤモンド以外のカラードストーンを選んでもいいのでは?
ページのトップへ戻る
3

仲人さんの頼み方

自宅を訪問して、きちんと挨拶を

昔は仲人といえば、お見合いから結納、結婚式までお世話してもらうものでしたが、最近では結婚式の媒酌人、いわゆる“頼まれ仲人”だけをお願いするケースが多くなっています。いずれにしろ仲人をたてるなら、上司や恩師、先輩、親戚など、挙式後もふたりの相談にのってもらえるような信頼できる人にお願いするのがベスト。
仲人の依頼は、具体的な会場や日取りを決める前にすること。遅くとも、結納の場合は1ヶ月前、結婚式の場合は3ヶ月前までにお願いしておきましょう。誰にお願いするか決めたら、まず電話や手紙などで事前に打診。OKがもらえたら、ふたりまたは両家の両親とともに自宅を訪問して正式に依頼します。この時、手土産と、ふたりの略歴を書いた自己紹介書を持っていくのを忘れずに。
たとえ普段気のおけないお付き合いをしている人であっても、電話だけで依頼を済まさずに改めてきちんと挨拶しておくのがマナーです。何かと手間のかかる役目をお願いするのですから、気持ちよく引き受けてもらえるように礼儀を尽くしましょう。
ページのトップへ戻る
4

結納の交わし方

事前にしっかり打合わせをして、両家のしきたりを調節

仲人が使者となって両家を行き来するのが正式な結納ですが、最近はホテルや結婚式場、自宅などに両家が集まって結納品をとりかわす略式結納を行う人がほとんどです。略式結納の場合、仲人または本人のあいさつで式がスタート。 男性側からの結納品を女性へ、次に女性が受書と結納品を渡し、男性が受書を女性に渡して終了します。式終了後は祝いの膳を準備して会食するケースが多いようです。
当日の服装は、男性はブラックスーツかダークスーツでワイシャツは白。女性は和装なら振袖か訪問着、洋装なら改まった感じのスーツかワンピースを選びましょう。両親・仲人は、本人たち以上の礼装にならないように注意。両家のつりあいがとれるように、服装についても事前に打ち合わせておくことも大切なポイントです。  
結婚式よりも地方色が色濃く残っているのが結納のしきたり。結納品の数や飾り方、結納金の額は地方によってさまざまで、男性からのみ結納品を贈るところもあります。ふたりの出身地が異なる場合はどちらのしきたりに合わせるのかしっかり話し合っておかないと、「うちのしきたりが軽んじられた!」なんて、親が気を悪くするケースもあるので気をつけましょう。
ページのトップへ戻る
Page_Top

全冠協のご案内

  全冠協とは
  互助会制度のご紹介
  近くの互助会をさがす
  互助会入会・資料請求
  お問い合せ

葬 儀

  葬儀会館をさがす
  弔文・供花を送る
    弔文を送る
    供花を送る
  葬儀の知識
    葬儀を執り行う
    葬儀に参列する
    社葬・お別れの会
  全冠協の新しいサービス
    早わかり!!お葬式の全て

婚 礼

  結婚式場をさがす
  結婚式の知識
    結婚基本マニュアル
    ウェディングドレスの選び方
   

運 営

  このサイトについて
  プライバシーポリシー
  サイトマップ
  管理者へのお問い合せ