全冠協 一般社団法人全日本冠婚葬祭互助支援協会 きよらか
葬儀会館を探す 結婚式場を探す 互助会に入会する 全冠協のご案内 お問い合せ 会員専用 正会員 賛助

HOME > 婚礼 > 結婚の知識/結婚基本マニュアル > ~ウエディングドレス選びの基礎知識~


婚礼 結婚式場を探す(地図)

結婚式場を探す(式場タイプ)

結婚式の知識/結婚基本マニュアル

結婚式の知識/ウェディングドレスの選び方

結婚の知識/ウエディングドレスの選び方

~ ウエディングドレス選びの基礎知識 ~

女性にとっては、ウエディングの一番の楽しみであり、悩みどころでもあるのがドレス選び。披露宴の主役にふさわしいベストのドレスに出合うために、最低限知っておきたいチェック項目をまとめてみました。

なりたい自分をドレスでイメージ

ドレスはシルエットや素材によって、印象ががらっと変わって見えます。自分の体型や会場の広さなどを考慮して、自分に合ったデザインを見つける参考にしてね。

Shilouette/シルエット

Aライン プリンセスライン マーメイドライン スレンダーライン アンビピールライン ベルライン
文字通り「A」の形をイメージしている。ハイウエストから裾にかけてナチュラルに広がるシルエットで、下半身をすらりとスタイルよく見せてくれる。幅広い体型をカバーし、会場も選ばない。
上半身は身体にフィット。ウエストからの切替えでスカート下はパニエをはいて、ふんわりとボリュームをつくり、華やかで可愛らしい印象にする。ただしボリュームがあるので広い会場向き。
上半身からウエスト、腿のあたりまで体にびったりフィットさせたシルエット。ひざ下から広がる人魚のようなラインが女性らしさを引き立ててくれる。背の低めの人でも、裾を長めにすれば可。
体のラインに沿った細身のシンプルなラインのドレス。足先までひだのないスカートが特徴でエレガントでノーブルな印象を与える。細身でない人でもソフトスレンダーなら似合う。コンパクトで動きやすい。
バストの下すぐにスカートと身頃の切り返しがあり、裾に向かって流れるように広がっているドレス。シルエットが細長く見えてボディラインが出ないので、小柄な人やマタニティウエディングに。
ウエストを細くしぼり、腰から裾にかけてボリュームをもたせたベル(鐘)型のシルエット。プリンセスラインよりボリュームは少なめだが、クラシカルな雰囲気で広い会場に栄える華やかなドレス。
ページのトップへ戻る

Decorte/デコルテ

Vネック


首元のV字カットの幅と深さによって、首やアゴもすっきりみせる効果が。セクシーからキュートまで幅広い表情になる。

オフショルダー


両肩を出して着るので、鎖骨をみせて華奢なイメージを与える効果も。肩幅のある人や二の腕を気にする人にもいい。

スクエア


首のつけ根から四角に切り取った形をしているネックライン。首筋が出るのですっきりして、適度なシャープ感がでる。

ビスチェ


本来は肩紐のない、丈がウエストまであるブラジャーのこと。首から指先まで素肌を露出するので、アームラインを長く細く見せる効果が。

ラウンド


首の付け根の線に沿って丸くカットされた定番のネックライン。女性らしい優しい雰囲気をもつ。襟元の開きの深いものは首が長く見せる。

ホルターネック


紐または身頃から続いた布地で首からつるすようにデザインされた袖なしのドレス。バックスタイルを美しく見せたい人に向いている。
ページのトップへ戻る

Sleeve/スリーブ

ハーフスリーブ


腕の中ごろの長さの袖のこと。素材などのバリエーションはさまざまで、フィットしたものは腕を細く見せる効果も。

フレンチスリーブ


身頃と袖の切り替えがない短い袖で、ノースリーブと半袖の中間ぐらいのタイプが多い。若々しくキュートな印象を与える。

パフスリーブ


袖付け、袖口などにギャザーやシャーリングを施して、丸くふくらませたタイプの袖。可愛らしい印象。二の腕が気になる人にいい。

バコダスリーブ


袖の上部は腕にフィットしていて、手の先に行くほど広がったもの。三段、五段と重ねたタイプは、よりエレガントな雰囲気に。

アメリカンスリーブ


首から袖ぐりの下まで、斜めに大きくカットされたノースリーブの一種。肩から腕にかけてのラインを美しく強調してくれる。

キャミソール


細く繊細なストラップが、ビスチェに付いたようなネックライン。バストラインに水平でないデザインも。胸が小さい人におすすめ。
ページのトップへ戻る

体系別おすすめアドバイス

多種多様なドレスの中から自分に体型フィットする好みのドレスを探すのはムズカシイ。そこでいくつかの体型別に選び方のコツを伝授。選ぶ時の参考にしてみて。

ふっくら体型
ドレスのシルエットは「プリンセスライン」か「ソフトスレンダー」。スッキリ見せるためにトップはフィット感、スカートはボリューム感あるもので、メリハリをつけるとよい。
デコルテは首を長く見せるVネック、スリーブは七分丈がおすすめ。
ちいさめ体型
ドレスはキュートな体型を活かす「アンビールライン」か、ハイウェストの「Aライン」のシルエットがおすすめ。
デコルテは横にネックラインがひろがるボートネック、スリーブはフレンチスリーブがグッド。
のっぽ体型
どんなスタイルも似合うが、ボトムのボリュームは控えめに。
おすすめのシルエットは「マーメイドライン」や「スレンダー」。デコルテはゆるやかカーブのものか、身長をアピールするビスチェがおすすめ。スリーブはアメリカンスリーブも映える。
ほっそり体型
シルエットはふんわり感の出る「アンピールライン」か、ボリュームのある「プリンセスライン」。
デコルテはスレンダーな人にぴったりのスタンドネック。
スリーブは優美なパゴダスリーブがおすすめ。
ページのトップへ戻る

ドレス選びの重要ポイント

ドレス選びで失敗しないためには、納得ゆくまで自分で着てみることと、プロのアドバイスを受けることが1番の近道。そのうえで以下の点についても気をつけて!

新郎とのバランスが大事です!

せっかく花嫁のドレスアップが決まっても、新郎の衣装と合わなければ台無し。できれば同時進行で新郎の衣装も選んでいくのが理想的。そうでなくても二人の身長や体型、色みやテイストのバランス、フォーマルかカジュアルかの度合いなどを考慮して決めていきたいものです。

会場の広さや雰囲気も考えて!

会場に合ったドレスを選ぶことで、衣装映えも、動きやすさも変わってきます。専門式場やホテルなどの広い会場ではノーブルなプリンセスラインが映えますが、あまり通路幅がとれない会場では、裾があまり広がっていないAラインが合います。一方レストランなどでのカジュアルなパーティなら、スレンダータイプの動きやすいドレスの方が、ゲストとの会話もしやすいでしょう。

ブライダルインナーは自前で用意

ウエディングドレスでは上半身のフィット感、とりわけバストアップが重要なポイント。そうした体型をサポートしていくれるのがドレス専用下着、ブライダルインナーです。普通の下着よりやや高めですが、選んだドレスがレンタルでも自前で購入して、試着時もドレス下着をつけて選ぶのが原則です。ドレスのデザインによってロングブラ、ボディスーツ、ウエストニッパーなど適した下着が変わるので、詳しくはお店の人に相談してみて。
Page_Top

全冠協のご案内

  全冠協とは
  互助会制度のご紹介
  近くの互助会をさがす
  互助会入会・資料請求
  お問い合せ

葬 儀

  葬儀会館をさがす
  弔文・供花を送る
    弔文を送る
    供花を送る
  葬儀の知識
    葬儀を執り行う
    葬儀に参列する
    社葬・お別れの会
  全冠協の新しいサービス
    早わかり!!お葬式の全て

婚 礼

  結婚式場をさがす
  結婚式の知識
    結婚基本マニュアル
    ウェディングドレスの選び方
   

運 営

  このサイトについて
  プライバシーポリシー
  サイトマップ
  管理者へのお問い合せ